より良い生活のある長野へ。より善い人生のある長野へ。長野県で生きる、すべての人々の幸せと豊かさを実現していくことが、私の約束です。

「長野が良くなる」という事は、どういうことでしょうか。 皆さんは、どんなイメージされるでしょうか。
私は、「長野で生きる人の毎日毎日の生活が良くなる事」だと思います。
そして、良い生活の1日1日の積み重ねが、より善い人生であると考えています。
よりよい長野とは、長野で生きるすべての人々が、豊かに暮らしていくことにほかなりません。


そのために、長野県政は全力で取り組まなくてはならない。
様々な生活上の課題を解決していくことが、県政に関わる者の使命です。
豊かな長野であるために、私は自分の人生を捧げたい。


皆さん、長野県を、成功させましょう。
長野県を、もっと成功させましょう。
「長野はいいよね」といわれるような、長野県にしたい。
そのためには、長野の各地域は、それぞれが成果を上げ成功していきましょう。
私は下伊那郡の出身ですので、飯田・下伊那の成功と発展を持って、長野の成功と発展に寄与したいと考えます。


「より良い長野」をつくり、「皆と共に生きる長野」をつくって行く事が私の誓いです。
皆さん、一緒に力を合わせて、よりよい長野をつくってまいりましょう。
素晴らしい長野をつくるために、全力で仕事をいたします。

矢澤文建

 

矢澤文建プロフィール

1970年(昭和45年)
5月3日生まれ
1989年(平成元年)
長野県立飯田高等学校 卒業
1993年(平成5年)
青山学院大学 経済学部2部経済学科 卒業
2001年(平成13年)
株式会社アジマ自動車学校 代表取締役 就任
2004年(平成16年)
飲酒運転を根絶するNPO法人MADDJapan理事 (08年~現在監査役)
2005年(平成17年)
日本経営品質賞委員会 2005年度審査員(インターン)
2007年(平成19年)
社団法人飯田青年会議所 第47代理事長
2009年(平成21年)
NPO法人グリーンウッド 教育アドバイザー