やざわ文建の活動日記

6月22日(火)雨だったり晴れだったり。

朝から後援会の支援のために飛び回る。

力を借りに頼っていった仲間が、ふたつ返事で「いいよ」と

言ってもらえた時は、本当に涙が出そうになる。

感謝の気持ち。

言い表せないくらい、感動と感謝の気持ちで一杯になる。

「素直に力を貸してあげるよ」といってもらえることが、本当に尊いことだと感じます。

私の戦いは、選挙に勝つことではなく、

「より良い長野」を生涯をかけてつくっていくことだと思っています。

生きていく意味や価値がある長野。

ここで生きていくということの意味を、かみ締めました。

長野で生きたという証しを、

仲間や、家族や、共に長野で生きる人たちとしっかり刻んで行こうと思います。

矢澤君はおセンチだなぁ。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

http://www.yazawa-fumitate.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/15

コメントする